美浜原発

運転延長認可取り消し求め提訴 福井県民

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 運転開始から40年経過したものの、原子力規制委員会が最長20年にわたって運転延長を認可した関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)について、福井県の住民3人が9日、国を相手に延長認可の取り消しを求めて名古屋地裁に提訴した。

 同地裁では、同じく運転延長を認可された関西電力高浜原発1、2号機(同県高浜町)の認可取り消しを求める訴訟が既に起こされており、原告側は併合しての審理を求める。

 訴状によると、東京電力福島第1原発事故後の法改正で、原発の運転期間は原則40年に制限されているとして「老朽化が原発事故の原因となりうることを否定できない以上、老朽化対策の要である40年ルールは厳格に運用されなければならない」と主張している。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文546文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集