メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR札幌駅

東口に高層ビル 再開発構想案を公表

札幌駅周辺の再開発構想案

 札幌市は9日、JR札幌駅周辺の再開発の方針をまとめた「札幌駅交流拠点先導街区整備基本構想案」を公表した。2030年度に予定されている北海道新幹線の札幌延伸に合わせ、民間業者と協力し、東口の市有地(中央区北5西1)に高層ビルを建設するほか、JR北海道グループが所有する「札幌エスタ」(北5西2)と同施設1階のバスターミナルを一体的に建て替える。

 市はこの日、市議会総務委員会に同構想案を報告。北口広場を含む札幌駅全体を「交流拠点先導街区」と位置付け、主に東・南口を再開発する。今年度内に地権者らでつくる協議会を設置し、17年度内に構想案に基づく計画を策定。19~20年度をメドに都市計画法に基づく認可を得て順次着工する。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです