メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のまちかどで

ここに注目!/139 南アフリカ ワインの味を守るアヒル

[PR]

 みなみアフリカは世界的せかいてき有名ゆうめいなワインの産地さんちです。南西部なんせいぶのステレンボッシュはこのくにで2番目ばんめふるまちで、たくさんのワイナリー(醸造所じょうぞうしょ)があつまっています。ワイナリーめぐりは観光客かんこうきゃく人気にんきで、うつくしい景色けしきなかでおいしいワインや食事しょくじたのしむことができます。

 自然農法しぜんのうほうにもちかられていて、郊外こうがいのワイン農園のうえんられるやく1000のアヒルのれの大行進だいこうしん話題わだいです=写真しゃしん飼育係しいくがかりふえいてしろはたると、一斉いっせいにブドウばたけをめがけてします。アヒルたちがカタツムリやナメクジなどをべてくれるのです。

 スタッフは「ワインに使つかわれるブドウをまもってくれるおかげで、害虫駆除がいちゅうくじょのための農薬のうやくらすことができます」とおしえてくれました。アヒルの出勤風景しゅっきんふうけいは「ダックパレード」とばれるイベントになっています。一日いちにちに3回見かいみることができて、家族連かぞくづれの観光客かんこうきゃくのお目当めあてです。

 さて、みなみアフリカで最初さいしょにワインがつくられたのは1659ねん。オランダのひがしインド会社がいしゃ東南とうなんアジアへの拠点きょてんとして進出しんしゅつし、オランダ系移民けいいみんうつんだのがはじまりです。その宗教的しゅうきょうてき迫害はくがいのがれ、フランスから移住いじゅうした人々ひとびとによって生産技術せいさんぎじゅつ向上こうじょうしました。

 黒人こくじん差別さべつされたアパルトヘイト(人種隔離じんしゅかくり時代じだい貿易ぼうえき制限せいげんされたこともありました。最近さいきん国際的こくさいてきなコンクールで入賞にゅうしょうするなどたか評価ひょうかけていて、日本にっぽんへの輸出ゆしゅつえています。【ヨハネスブルク・小泉大士こいずみひろし写真しゃしんも】


国名こくめい みなみアフリカ共和国きょうわこく

首都しゅと プレトリア

面積めんせき 121まん9090平方へいほうキロメートル

人口じんこう 5449万人まんにん(2015年推定ねんすいてい

現地通貨げんちつうか 1ランド=やくえん

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです