メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外豪雨の死者18人に 熊本県発表 心肺停止16人、行方不明14人
全国高校ラグビー

31年連続の大分舞鶴、64大会ぶりの山口 花園出場好対照 貴重な練習試合、本番へ弾み /大分

前半、山口の強烈なタックルを受けながら前進する大分舞鶴の選手(中央)ら

 27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する第96回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社など主催)に出場する県代表の大分舞鶴と、山口県代表の山口の練習試合が10日、大分市であった。試合は45-19で大分舞鶴が勝利したが、両チームとも随所で持ち味を発揮する白熱した展開になり、ともに花園の本番へ弾みをつけた。【西嶋正法】

 花園の常連、大分舞鶴(31年連続55回目)に対し、山口は64大会ぶり4回目と、全国大会の出場回数では対照的な両チーム。過去に対戦した経験は一度もなかったが、共に県内屈指の進学校というよしみもあって、舞鶴の江藤賢ゼネラルマネジャーが、大学の先輩にあたる山口の中江洋平監督に呼びかけて実現した。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 新システム稼働したのに…都内なおファクス報告 コロナ感染、進まぬ情報共有

  4. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです