スパコン

役割学ぶ 開発者らの話に150人が参加 宮崎市 /宮崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スパコンの活用事例について解説する横川研究員
スパコンの活用事例について解説する横川研究員

 理化学研究所計算科学研究機構(神戸市)などが開発した、高速の計算能力を持つスーパーコンピューター「京(けい)」について開発者らが語る「スパコンを知る集い」が10日、宮崎市であった。約150人が参加し、スパコンの役割について学んだ。

 「京」は理研と富士通が共同開発し、計算速度は一時世界一となった。理研はさらに優れた性能を持つポスト「京」を開発中…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

注目の特集