メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

米国巡り、語るシンガー(その1) 被爆者の思い、継ぐ

沼田鈴子さん(右)の87歳の誕生日にあわせ、歌をプレゼントした中村里美さん(中央)と伊藤茂利さん=2010年7月、中村さん提供

 米ハワイの真珠湾攻撃から75年となる7日朝(日本時間8日未明)、真珠湾の米海軍施設で犠牲者を追悼する式典が開かれていた。インターネットにつないだパソコンから、その様子を伝える声が聞こえてくる。シンガー・ソングライターの中村里美さん(52)=東京都町田市=は深く息をついた。心に浮かんだのは、これまでに出会った原爆被爆者の姿と過去の自分だ。

 「オバマさん(大統領)が呼びかけた『核兵器のない世界』は、被爆者にとって理想論でなく、心の叫びとし…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文740文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. おっさんずラブ 田中圭&林遣都&吉田鋼太郎が「徹子の部屋」に 徹子のムチャぶりでラブバトル!?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです