メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外広島がリーグ3連覇 9度目のV
ストーリー

米国巡り、語るシンガー(その1) 被爆者の思い、継ぐ

沼田鈴子さん(右)の87歳の誕生日にあわせ、歌をプレゼントした中村里美さん(中央)と伊藤茂利さん=2010年7月、中村さん提供

 米ハワイの真珠湾攻撃から75年となる7日朝(日本時間8日未明)、真珠湾の米海軍施設で犠牲者を追悼する式典が開かれていた。インターネットにつないだパソコンから、その様子を伝える声が聞こえてくる。シンガー・ソングライターの中村里美さん(52)=東京都町田市=は深く息をついた。心に浮かんだのは、これまでに出会った原爆被爆者の姿と過去の自分だ。

 「オバマさん(大統領)が呼びかけた『核兵器のない世界』は、被爆者にとって理想論でなく、心の叫びとし…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文740文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  5. 沖縄知事選 公明は佐喜真氏全面支援 支持母体・創価学会から反発も 4年前は自主投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです