メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原油

協調減産合意 15年ぶり、OPECと非加盟国

 【ロンドン三沢耕平】石油輸出国機構(OPEC)は10日、ロシアなど非加盟の主要産油国の代表者を招いた閣僚級の会合をウィーンで開き、すでにOPECが決定している協調減産に、非加盟国も参加することで正式合意した。OPECと非加盟国との協調減産は2001年以来、15年ぶりで、減産は日量計180万バレル規模となる見通しだ。

 OPECは先月30日の総会で、原油価格を下支えするために、生産量を日量120万バレル減らして3250万バレルとすることを決定し、非加盟国にも減産を要請。これを受けてロシアは、30万バレルの減産を実施する用意があると表明していた。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  3. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 兵庫ボーガン事件 同級生「容疑者は明るく優しい子」 矢が刺さった女性に現場騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです