メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 EU離脱、今後の手続きは?=回答・三沢耕平

英の通告で協議開始 関税など2年かけ協定

 なるほドリーマン君 英国は欧州連合(EU)から離脱(りだつ)したんだよね。

 記者 6月の国民投票で離脱派が勝利しましたが、実際にはまだ離脱していません。EUの基本条約(リスボン条約)の規定では、EUと英国との間で離脱後の互いの関係を定める「離脱協定」を作る必要があるからです。EU域内(いきない)で原則自由だった人やモノ、サービス、資本の移動をどうするのかなど、今後のルールを一つ一つ決めて協定にまとめます。協定は英国が離脱の意思を通告してから2年かけて策定(さくてい)されます。

 メイ首相は10月の保守党大会で「2017年3月末」までに離脱通告を行う方針を表明しました。そこからEU側との2年間の交渉を経て協定を策定し、19年3月末にも正式に離脱することになります。

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです