メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

米国巡り、語るシンガー(その2止) 加害と被害、立場超え

自宅庭に植えられている被ばくしたアオギリの子孫を見つめる中村里美さん(中央)と、兄柊斗さん(右)、伊藤茂利さん=東京都町田市で

 

 ◆映画「アオギリにたくして」米で上映

 「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」を翌日に控えた9月25日、シンガー・ソングライターの中村里美さん(52)は東京都内で開かれた集会に立っていた。交流を続ける被爆者の証言を語った後、言葉の意味を一つ一つ確かめるように歌い始めた。「ノー・モア・ウォー ネバー・アゲイン ノー・モア・ヒロシマ、ナガサキ」

 「『核兵器なき世界』への道のりが容易でないことは被爆者の皆さんも分かっておられます。それでも加害や被害の立場を超え、人類的な見地から訴え続けておられる。これほどの誇りはないですよ」。そう話す中村さんに歩み寄り、長崎原爆の被爆者で日本被団協(日本原水爆被害者団体協議会)の事務局長、田中熙巳(てるみ)さん(84)が伝えた。「被爆者は高齢化し、もう時間がないんです。命懸けで叫び続けてきたことを語り継い…

この記事は有料記事です。

残り4810文字(全文5183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです