メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

米国巡り、語るシンガー(その2止) 加害と被害、立場超え

自宅庭に植えられている被ばくしたアオギリの子孫を見つめる中村里美さん(中央)と、兄柊斗さん(右)、伊藤茂利さん=東京都町田市で

 

 ◆映画「アオギリにたくして」米で上映

原爆の痛み、向き合う

 「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」を翌日に控えた9月25日、シンガー・ソングライターの中村里美さん(52)は東京都内で開かれた集会に立っていた。交流を続ける被爆者の証言を語った後、言葉の意味を一つ一つ確かめるように歌い始めた。「ノー・モア・ウォー ネバー・アゲイン ノー・モア・ヒロシマ、ナガサキ」

 「『核兵器なき世界』への道のりが容易でないことは被爆者の皆さんも分かっておられます。それでも加害や…

この記事は有料記事です。

残り4950文字(全文5183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです