メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

米国巡り、語るシンガー(その2止) 加害と被害、立場超え

自宅庭に植えられている被ばくしたアオギリの子孫を見つめる中村里美さん(中央)と、兄柊斗さん(右)、伊藤茂利さん=東京都町田市で

 

 ◆映画「アオギリにたくして」米で上映

原爆の痛み、向き合う

 「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」を翌日に控えた9月25日、シンガー・ソングライターの中村里美さん(52)は東京都内で開かれた集会に立っていた。交流を続ける被爆者の証言を語った後、言葉の意味を一つ一つ確かめるように歌い始めた。「ノー・モア・ウォー ネバー・アゲイン ノー・モア・ヒロシマ、ナガサキ」

 「『核兵器なき世界』への道のりが容易でないことは被爆者の皆さんも分かっておられます。それでも加害や…

この記事は有料記事です。

残り4950文字(全文5183文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです