メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前畑遺跡

謎だらけの土塁 類例ない丘陵尾根上、想定外の人工建築 大宰府防衛線か議論百出 福岡・筑紫野

厚さの薄い地層が幾重にも積み重なっている前畑遺跡の土塁の断面。土を突き固める「版築」の工法によるとみられる=福岡県筑紫野市で、須賀川理撮影

 <日曜カルチャー>

 福岡県筑紫野市の前畑遺跡で確認された、丘陵の尾根に築かれた南北500メートルにわたる7世紀の土塁は、大宰府の防衛や都市計画の研究に一石を投じる形となった。中央政権の古代九州における出先機関・大宰府一帯を山城や土塁で囲んで区画し防衛していたとする学説が改めて脚光を浴びるからだ。一方、今回の土塁は平地ではなく、類例のない丘陵尾根にあるため、慎重な見方もある。大宰府を巡る謎は深まりそうだ。【大森顕浩】

 土塁は丘陵尾根に、土を突き固める古代の土木技法「版築(はんちく)」を用いたり、尾根を切り出したりして造られていた。残存する高さは1・5メートル。大宰府の防衛施設として知られ、丘陵と丘陵の間の平地をふさぐ土塁の水城(みずき)(福岡県)と同じ二段構造となっていた。下部の幅は基礎部分で13・5メートル、上部の幅は基礎部分で8メートル、頂上部分で1・5メートルあった。幅広い下部が兵隊の移動用スペースだっ…

この記事は有料記事です。

残り1687文字(全文2097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです