新型出生前診断

医師3人を処分 日産婦、無認定実施で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本産科婦人科学会(日産婦)は10日の理事会で、男性医師3人を懲戒処分にしたと発表した。妊婦から採取した血液で胎児の異常を調べる新型出生前診断(NIPT)を、指針に反して無認定で実施したことが理由。うち、東京都内の2施設の医師2人は今後指針を守ると約束したため、5段階で最も軽い厳重注意とした。一方…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

あわせて読みたい

ニュース特集