メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型出生前診断

医師3人を処分 日産婦、無認定実施で

 日本産科婦人科学会(日産婦)は10日の理事会で、男性医師3人を懲戒処分にしたと発表した。妊婦から採取した血液で胎児の異常を調べる新型出生前診断(NIPT)を、指針に反して無認定で実施したことが理由。うち、東京都内の2施設の医師2人は今後指針を守ると約束したため、5段階で最も軽い厳重注意とした。一方、大阪府内の施設の医師は約束しなかったとして、それより1段階重いけん責とした。

 NIPTは確定診断ではなく、正しい情報が提供されなければ安易な中絶を助長する恐れがある。遺伝カウンセリング体制が整った日本医学会の認定施設で実施するよう日産婦が指針を定めている。

 日産婦の藤井知行(ともゆき)理事長は「NIPTは結果によって重い選択を迫る可能性がある。認可を受けた施設で受けることが本人の幸せにつながる」と述べた。【千葉紀和】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 天才演じる石原さとみ「私は普通の人」 峯田和伸の“取説”に興味津々
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  5. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]