メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

「有効」廃止 観客目線重視…国際連盟ルール改正案

 国際柔道連盟(IJF)が9日、現在3段階ある技のポイントで一番低い「有効」の廃止や、男子の試合時間を女子と同じ4分に短縮することを柱にしたルール改正案を発表した。今夏のリオデジャネイロ五輪で金3個を含む史上最多のメダル計12個を獲得した日本は、次回の2020年東京五輪では開催国としてメダル増が最重要課題であるだけに、対応を迫られることになった。

 来年年明けから8~9月にハンガリーで行われる世界選手権まで試験的に運用し、影響を考慮して最終決定する。IJFのマリアス・ビゼール会長の「観客が面白く、分かりやすいルール改正」の流れに沿った趣旨で、有効の廃止は、観客には違いが見分けにくい「技あり」と一本化するため。ポイントを一本と技ありに絞って、より分かりやすくする。全柔連幹部は「技ありは現在の有効の範囲まで広げられる方向」と話す。技ありを2回で…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 ウイルス培養に成功、ワクチン早期開発の可能性も 豪研究所

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです