メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日パソコン入力コンクール

全国大会に140人 速さと正確さ競う

「第16回毎日パソコン入力コンクール」の学校賞受賞者ら=東京都墨田区の江戸東京博物館で2016年12月11日

 パソコンのキーボード入力の速さと正確さを競う「第16回毎日パソコン入力コンクール」(毎日新聞社・一般社団法人日本パソコン能力検定委員会主催、公益社団法人全国珠算教育連盟共催、総務省・文部科学省・厚生労働省・経済産業省など後援)の全国大会が11日、東京都墨田区の江戸東京博物館で行われた。

 地方予選には全国の約7万人が参加。全国大会には上位に入った約140人が進み、日ごろの努力の成果を競った。各部門の特別賞の受賞者は次の通り(敬称略)

 <内閣総理大臣賞>柿谷太郎(和文A中学生、智弁和歌山中1年)▽橋本悠(同B高校生、福井県立福井商3年)

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  5. 「給付金、今すぐくれないなら死ぬ」 逮捕された男はなぜ窓口で騒いだのか 孤独と貧困と誤解と

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです