メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原油

世界産油量2%減 OPECと露など「歴史的合意」

 【ロンドン三沢耕平】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国は10日、ウィーンで開いた閣僚級会合で、米同時多発テロ後に需要が低下した2001年以来、15年ぶりとなる原油の協調減産に合意した。17年1月から、OPECが日量120万バレル、非加盟国が同55万8000バレル、合計175万バレル超を減らす。

 減産規模は世界全体の原油生産量の2%近い水準となる。原油の供給過剰を解消することで原油価格を上昇さ…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです