メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

全日本選手権 形の喜友名、5連覇

男子形で5連覇を達成した喜友名=猪飼健史撮影

 2020年東京五輪の追加競技に決まった空手の全日本選手権は最終日の11日、東京・日本武道館で体重が無差別で行われる男女組手と形が行われた。男子組手は今年の世界選手権84キロ級覇者、荒賀龍太郎(荒賀道場)が3年連続5回目の優勝。女子は同68キロ超級優勝の植草歩(高栄警備保障)が2連覇を果たした。

 男子形は世界選手権を連覇した喜友名(きゆな)諒(劉衛流龍鳳会)が5連覇。女子も世界選手権連覇の清水希容(ミキハウス)が4連覇を達成した。

 決勝は、天皇陛下が観戦され、今大会から初めて天皇杯・皇后杯が授与された。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文903文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです