メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アタラシゴト・社会を変える一歩

子ども向け伝統産業ブランド 和える代表取締役・矢島里佳さん

金継ぎワークショップで、参加者の子どもを抱きながら輪に加わる矢島里佳さん(中央)=京都市下京区で、川平愛撮影

先人の知恵、次世代へ

 寒風が吹き始めた11月下旬の京都市内。祝日の昼下がり、一軒の町家から笑い声が響いていた。

 「はるちゃん、またあの器でご飯食べられたらいいよねえ。割るのも勉強」

 日本各地の伝統産業でつくられた0~6歳向けの日用品ブランド「aeru」の京都直営店。割れた陶器を漆で修復し、金で装飾する「金継ぎワークショップ」で、矢島里佳さん(28)は抱っこした参加者の子どもに語りかけた。2011年、大学4年の時に日本の伝統産業を次世代につなぐことをコンセプトにした会社「和(あ)える」(本社・東京都)を創業した。

 例えば、スプーンですくいやすいよう、内側に「返し」のついた徳島・大谷焼や石川・山中漆器の「こぼしに…

この記事は有料記事です。

残り1752文字(全文2060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです