メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

補助犬シンポジウム

兵庫・宝塚で開催

木村佳友さん(左)らパネリストによる「補助犬トーク」=兵庫県宝塚市で、大西岳彦撮影

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)について学び障害者の社会参加を後押ししようと11日、兵庫県宝塚市で「第18回身体障害者補助犬シンポジウム」が開かれた。補助犬を巡る課題を話し合う「補助犬トーク」では、実際に補助犬と生活する男女らが登壇。鉄道の駅で視覚障害者の転落死事故が相次いだ問題などで意見を交わした。

 第25回障害者週間記念事業との共同開催で、宝塚市や毎日新聞社、障害者団体による実行委員会の主催。トークには中山君江さん(66)と盲導犬、木村佳友さん(56)と介助犬、安藤美紀さん(47)と聴導犬がそれぞれ登壇。日本補助犬情報センターの橋爪智子・事務局長も参加した。東京メトロで8月、盲導犬を連れた男性がホームから転落して死亡した事故について橋爪さんは「誰もが安心して安全に駅のホームを利用できるよう…

この記事は有料記事です。

残り65文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. JR東が終電繰り上げ、最大37分 来春、首都圏17路線

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです