補助犬シンポ

障害者の社会参加を後押し 宝塚

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬の3種)について学び、障害者の社会参加を後押ししようと11日、兵庫県宝塚市で「第18回身体障害者補助犬シンポジウム」が開かれた。

 補助犬を巡るさまざまな課題を話し合う「補助犬トーク」では、実際に補助犬と生活する3人の男女が登壇。今年、盲導犬を連れた視覚障害者が駅のホームから転落…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

ニュース特集