メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

力強くキレがある演武、男子形の喜友名が5連覇

優勝した喜友名諒の形=日本武道館で2016年12月11日、猪飼健史撮影

 世界選手権を連覇した王者は強かった。2020年東京五輪の追加競技に決まった空手の全日本選手権は最終日の11日、東京・日本武道館で体重が無差別で行われる男女組手と形が行われた。男子形の喜友名(きゆな)諒(劉衛流龍鳳会)は決勝の旗判定でも相手に一本も許さず、5-0で完勝で5連覇。東京五輪の会場となる日本武道館を埋めた満員の観衆を前に「気持ちよくできた」と笑顔を見せた。

 力強くキレがある演武を披露した。持ち味という目力のある気迫のこもった表情で、観客を空手の世界に引き…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文520文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです