メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファーストなひと2016

レスリング 伊調馨さん(32)

地元で開かれた国民栄誉賞受賞祝賀会で花束を贈られ、笑顔を見せる伊調馨選手

「もうちょっと」先へ

 相手の動きを読み、絶妙な間合いで背後に回る。リオデジャネイロ五輪の決勝残り3秒で、いつも通りの形で逆転。女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した。自己採点は「うーん、30点」。国民栄誉賞受賞にも「身が引き締まる思い」と常に自分に厳しいが、8日、地元の青森県八戸市で開かれた国民栄誉賞受賞祝賀会で花束を贈られると、満面の笑みを見せた。

 マットを降りれば、美の追求にも余念がない。五輪の選手村でも「肌がきれいになる」というシルクのパジャ…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです