連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

故郷を離れても

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 幼い頃から背中を見続けた母は「行っておいで」と後押ししてくれた。

 熊本地震の本震が発生した4月16日。看護師の上野智美さん(31)は、勤務先の熊本市民病院で激しい揺れに襲われた。地鳴りやガラスが割れる音で、周囲の悲鳴さえ聞こえなかった。柱にも亀裂が入り、病棟は使用不能になった。

 地震後、避難所で心のケアを担当していたが、9月から福岡市民病院が上野さんらを受け入…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

あわせて読みたい

注目の特集