メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽田空港

離着陸ルート新設へ 騒音軽減に期待感 国交省、16日から住民説明会 /千葉

羽田空港の新離着陸ルート

 東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に向けて羽田空港発着の国際線増便を目指し、東京都心を低空で通過する飛行ルートが新たに設けられる見通しとなった。羽田発着便の騒音をほぼ一手に引き受けている千葉県は、新ルートで軽減が見込まれるが、一定の負担を強いられる状況に変わりはない。国土交通省は今月から県内関係自治体の住民向けに説明会を開く。【渡辺暢】

 県によると、羽田発着便の騒音について国交省が県内関係自治体の住民に直接説明するのは、4番目の滑走路が設けられて現在の飛行ルートになった再拡張(10年に事業完了)以降初めてという。

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです