メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

第4部 最良の選択求めて/9 治験情報公開、改善を

臨床試験検索サイトの改善を訴える長谷川一男さん=東京・日本橋で、高野聡撮影

 「臨床試験の検索サイトは分かりにくい。何とか改善してほしい」。今年8月、東京・日本橋で開かれたがん患者や家族向けの市民講座「ジャパンキャンサーフォーラム」で、「肺がん患者の会ワンステップ!」代表の長谷川一男さん(45)が訴えた。患者が参加して新薬を試す臨床試験は、新薬の効果を確認するために欠かせない手続きだが、その情報は十分に伝えられていない。

 臨床試験の一つに、製薬会社が国の承認を得るために新薬の有効性と安全性を確認する「治験」がある。同じような病状や年齢の患者を二つのグループに分けて、一方に新薬、もう一方に既存薬や偽薬を投与して効果を比べる。がんが進行すると治療の選択肢が狭まる患者も多く、治験への参加は、既存の治療法では効果を得られなかった患者の新たなチャンスになる。2010年に肺がんが見つかり、これまでに8種類の抗がん剤を使ってき…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです