メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原油

協調減産、実行力が焦点 OPEC、順守不透明

 【ロンドン三沢耕平】原油価格の低迷で産油国の経済が苦境に陥る中、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国が15年ぶりに協調減産することで合意した。両者はシェア争いから価格の安定を重視する姿勢にかじを切った形だ。ただ、OPECには減産合意をほごにしてきた歴史もあり、政治的な立場の異なる20カ国以上の産油国が足並みをそろえて減産を順守するかは見通せない。

 「歴史的な合意だ」。OPECの盟主サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は10日、協調減産を決めたウィーンでの会合後の記者会見で繰り返した。ロイター通信によると、サウジは既に欧米の顧客に対し来年から原油の引き渡しを減らす考えを通達。今回の合意では最大の日量49万バレルの減産となるが、価格動向によってはさらなる減産に踏み込む可能性も示唆している。ロシアのノバク・エネルギー相は「今回の合意は価格の急…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです