メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原油

協調減産、実行力が焦点 OPEC、順守不透明

 【ロンドン三沢耕平】原油価格の低迷で産油国の経済が苦境に陥る中、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国が15年ぶりに協調減産することで合意した。両者はシェア争いから価格の安定を重視する姿勢にかじを切った形だ。ただ、OPECには減産合意をほごにしてきた歴史もあり、政治的な立場の異なる20カ国以上の産油国が足並みをそろえて減産を順守するかは見通せない。

 「歴史的な合意だ」。OPECの盟主サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は10日、協調減産を決めたウィーンでの会合後の記者会見で繰り返した。ロイター通信によると、サウジは既に欧米の顧客に対し来年から原油の引き渡しを減らす考えを通達。今回の合意では最大の日量49万バレルの減産となるが、価格動向によってはさらなる減産に踏み込む可能性も示唆している。ロシアのノバク・エネルギー相は「今回の合意は価格の急…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです