シリア

政府軍、トルコと衝突も…IS要衝に進軍を準備

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
想定されるシリア軍の進軍ルートとトルコ軍の侵攻方向
想定されるシリア軍の進軍ルートとトルコ軍の侵攻方向

 【カイロ秋山信一】内戦が続くシリアで、アサド政権が北部アレッポ県の要衝バーブへの進軍を準備していることが分かった。シリア軍当局者が毎日新聞の取材に明らかにした。バーブは過激派組織「イスラム国」(IS)の実効支配下にあるが、トルコ軍とシリア反体制派が攻略に着手している。政権側の進軍計画は、シリア、トルコ両軍の地上戦に発展する懸念をはらみ、緊張が高まっている。

 バーブは主要都市アレッポの北東約40キロ、トルコ国境の南約35キロに位置し、シリア北部で東西に延びる幹線道路沿いの要衝だ。シリア政府軍は12日にアレッポのほぼ全域を奪還したが、これに先立ち、シリア軍当局者は匿名を条件に取材に応じ「西と南の2方向からバーブへの進軍を計画している。(バーブ制圧を目指す)エルドアン(トルコ大統領)の野望を阻む」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文819文字)

あわせて読みたい

注目の特集