メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

USJ

マリオエリア 20年までに開業

 大阪市此花区のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社は12日、「マリオ」を中心とした人気キャラクターが登場する任天堂エリアを東京五輪が開催される2020年までに開業すると発表した。投資規模は約500億円。任天堂エリアは日米3カ所のテーマパークで展開されるが、USJが世界で最初のオープンとなる。

 エリアの名称は「SUPER NINTENDO WORLD」(スーパー任天堂ワールド)。具体的な建設場所は明らかにしていないが、敷地内の駐車場や資材置き場などを活用してパークを拡張するという。アトラクションや店舗、レストランからなる複合エリアで、任天堂のゲームの世界観のリアルな再現を目指す。投資額はハリー・ポッターエリアに投資した約450億円を上回る。

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです