メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発

賠償上乗せ2.4兆円上限に 新電力など負担

 経済産業省は12日、東京電力福島第1原発事故の賠償費について、東電を含む大手電力と新電力(新規参入の電力会社)が支払う送電網の利用料(託送料)に上乗せする上限を2.4兆円とする方針を決めた。託送料は結果として電気料金に反映されるもので、月内に閣議決定する「福島復興の加速化に向けた指針」に盛り込む。また、経産省が21.5兆円と試算した事故処理費用の合計額が上ぶれする見込みであることも明らかにした。

 12日の自民党の専門部会で経産省が示した。党内から費用の上ぶれなどを懸念する声が出たことに対応した。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  3. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです