メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

減産合意

実行力が焦点 OPECなど、原油価安定にかじ

 【ロンドン三沢耕平】原油価格の低迷で産油国の経済が苦境に陥る中、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国が15年ぶりに協調減産することで合意した。両者はシェア争いから価格の安定を重視する姿勢にかじを切った形だ。ただ、OPECには減産合意をほごにしてきた歴史もあり、政治的な立場の異なる20カ国以上の産油国が足並みをそろえて減産を順守するかは見通せない。

 「歴史的な合意だ」。OPECの盟主サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は10日、協調減産を決めた…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです