鳥インフルエンザ

北見のオオハクチョウから高病原性ウイルス 道内3例目 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 環境省と道は13日、北見市で発見されたオオハクチョウの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。道内の感染確認は今季3例目。

 道によると、オオハクチョウは8日に同市常呂町の路上で見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザ陽性反応が出て、北海道大で確定検査をしていた。…

この記事は有料記事です。

残り60文字(全文210文字)

あわせて読みたい

注目の特集