メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

矢吹の野鳥から検出 /福島

 県は13日、矢吹町の河川敷で見つかったオオハクチョウ1羽の死骸を遺伝子検査した結果、鳥インフルエンザのウイルスが検出されたと発表した。毒性の強い高病原性ウイルスかどうか、北海道大で確定検査をする。県内では2日に福島市岡部の民家で見つかったオオハクチョウの死骸から、高病原性ウイルスが検出されている。

 県によると、この死骸は9日、矢吹町明新…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです