メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/32 自殺は社会の問題 ネットもできた 基本法施行から10年、四つの成果 /香川

自殺対策について説明する、ライフリンクの清水康之さん=京都市で、玉木達也撮影

 「自殺対策が根付き始めた10年といって過言ではない。それは多くの方の悲しみを勇気に、痛みを力にしながら自殺対策を進めてきた10年ともいえる」

 京都市で3日、開催された「第10回響きあう音とこころ」(こころのカフェきょうと主催)での講演。「自殺対策の新時代を拓く」というテーマで話したNPO法人「ライフリンク」代表、清水康之さんは冒頭、こう振り返った。

 自殺対策基本法は2006年6月に成立し、同10月に施行した。それから10年。清水さんは自殺対策で実現できたことを4点、上げた。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです