メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

ホームドア設置進まず 10万人以上利用駅で3割のみ、9社はゼロ 毎日新聞調査

2011年1月に視覚障害者の転落死事故が起きたJR山手線目白駅。事故後にホームドアが設置された=東京都豊島区のJR目白駅で7日、内藤絵美撮影

 1日10万人以上が利用する全国の鉄道271駅のうち、ホームドアの設置は11月末現在、約3割の85駅にとどまることが毎日新聞の調べで分かった。271駅を管理する鉄道会社33社のうち、関西を中心に9社で全く設置されていなかった。国は1日10万人以上が利用する駅で優先的に設置するよう求めているが、車両によって扉の位置が違うことやホームが狭いなどの理由で設置は進んでいない。

 毎日新聞は8、10月に視覚障害者が駅ホームから転落死する事故が相次いだことを受け、33社にホームドアの設置状況をアンケートした。その結果、20社が85駅に設置していた。残る13社のうち、4社は10万人未満の駅に設置し、9社は全く設置していなかった。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです