メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

世界はさまざまだ=中村秀明

 <sui-setsu>

 彼の言葉を聞きわけようとした。だが、「すちぃふぁー」とか「せっしばぁー」としか聞こえない。

 そんな言葉に乗って、舞台中央に大きく映し出されたパソコンの画面に彼の思いが次々とあふれた。

 「僕は、他の人のような普通の会話をすることはできませんが、みんなの言っていることは聞いています」

 「自分のすごしている世界が、この世のすべてだという思い込みが、物の見方を狭くしているのだと知りまし…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです