メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

世界はさまざまだ=中村秀明

 <sui-setsu>

 彼の言葉を聞きわけようとした。だが、「すちぃふぁー」とか「せっしばぁー」としか聞こえない。

 そんな言葉に乗って、舞台中央に大きく映し出されたパソコンの画面に彼の思いが次々とあふれた。

 「僕は、他の人のような普通の会話をすることはできませんが、みんなの言っていることは聞いています」

 「自分のすごしている世界が、この世のすべてだという思い込みが、物の見方を狭くしているのだと知りまし…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです