高齢者

薬飲み過ぎ防げ 生活習慣見直し併用減

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 病気をいくつも持つ高齢者には、さまざまな種類の薬が処方される。臓器などの働きが低下した高齢者が、多くの薬を一緒に飲むと、意識障害や低血糖など「薬物有害事象」と呼ばれるトラブルを起こしやすい。今年1月には日本老年薬学会が発足し、医療関係者の間で高齢者の多剤併用を見直す取り組みが広がっている。【堀井恵里子】

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1746文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集