特集

ともに・2020

東京五輪・パラリンピックを控え、毎日新聞社はバリアーゼロ社会実現を目指し「ともに2020」キャンペーンを展開しています。

特集一覧

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

設置進まぬホームドア 関西私鉄など9社ゼロ 阪急・阪神、設置計画 毎日新聞調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
線路への転落や電車との接触など、ホーム上の事故を防ぐため設置されたホームドア=大阪市西区の市営地下鉄ドーム前千代崎駅で2016年12月13日午後7時21分、平川義之撮影
線路への転落や電車との接触など、ホーム上の事故を防ぐため設置されたホームドア=大阪市西区の市営地下鉄ドーム前千代崎駅で2016年12月13日午後7時21分、平川義之撮影

 1日10万人以上が利用する全国の鉄道271駅のうち、ホームドアの設置は11月末現在、約3割の85駅にとどまっていることが毎日新聞の調べで分かった。271駅を管理する鉄道会社33社のうち、関西を中心に9社で全く設置されていなかった。国は1日10万人以上が利用する駅で優先的に設置するよう求めているが、車両によって扉の位置が違うことやホームが狭いなどの理由で設置は進んでいない。

 毎日新聞は8、10月に視覚障害者が駅ホームから転落死する事故が相次いだことを受け、33社にホームドアの設置状況をアンケートした。その結果、20社が85駅に設置していた。残る13社のうち、4社は10万人未満の駅に設置し、9社は全く設置していなかった。

この記事は有料記事です。

残り837文字(全文1150文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集