カジノ法案

14日にも成立 衆院に修正案回付

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院内閣委員会で「統合型リゾート(IR)整備推進法案」の修正案の採決があり、賛成のため挙手する自民党議員(奥)や公明党議員(手前右から3人目)らと反対のため挙手をしない民進党などの議員ら(手前)=国会内で2016年12月13日、川田雅浩撮影
参院内閣委員会で「統合型リゾート(IR)整備推進法案」の修正案の採決があり、賛成のため挙手する自民党議員(奥)や公明党議員(手前右から3人目)らと反対のため挙手をしない民進党などの議員ら(手前)=国会内で2016年12月13日、川田雅浩撮影

 カジノ解禁に向けた「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)は、13日の参院内閣委員会で自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決された。自民党がギャンブル依存症対策の強化などを盛り込んだ修正案を提出したため、委員長ポストを握る民進党が採決を容認した。14日の参院本会議で可決したうえで衆院に修正案を回付し、同日中に衆院本会議で可決・成立させる。

 これを受け、政府は首相を本部長とする推進本部を設け、1年をめどにカジノの運営規則を定める実施法案の策定に入る。依存症の拡大など懸念が解消されない中、カジノを解禁する作業が本格化する。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文585文字)

あわせて読みたい

注目の特集