東京・豊島区議

除名処分5人が新会派を結成

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

「都民ファーストの会豊島区議団」

 7月の東京都知事選で小池百合子知事を支援し、自民党都連から除名処分を受けた豊島区議5人は13日、区議会自民会派から離脱し新会派「都民ファーストの会豊島区議団」を結成した。同日、区議会議長に届け出た。都民ファーストの会は、小池氏が設立した政治塾「希望の塾」を運営する政治団体。同団体代表の本橋弘隆区議が、新会派の幹事長を務める。

 区議会の新たな会派構成は▽自民9人▽公明8人▽共産6人▽民主ネット5人▽都民ファーストの会5人▽社民1人▽無所属2人--となる。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集