感染性胃腸炎

流行中 5割はノロ、今季は「G2.2」型

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
感染性胃腸炎の1医療機関あたり患者報告数
感染性胃腸炎の1医療機関あたり患者報告数

 下痢や嘔吐(おうと)を引き起こす感染性胃腸炎が、今季も流行している。国立感染症研究所によると、3~5割はノロウイルスが原因とみられ、今季は乳幼児が免疫を持つ可能性の低い、数年前にはやった型のノロウイルスの検出が多数報告されており、注意が必要だ。

 感染性胃腸炎は例年、冬に流行する。感染研が定点観測している全国約3000の小児科からの患者報告数は、今月4日までの1週間で5万4876人で、過去10年間の同時期と比べて多い。1医療機関あたりでは17.37人。都道府県別では宮城(45.75人)、山形(33.47人)、三重(27.71人)、埼玉(26.73人)、東京(26.64人)などが多い。

 ノロウイルスは遺伝子型が約30種類あるが、中でも今季は「G2.2」という種類が小児を中心に検出されている。感染研によると2009~12年にかけて、各地でこのウイルスの感染者が出ていたが、その後はあまり出ていなかった。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文966文字)

あわせて読みたい

注目の特集