メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染性胃腸炎

流行中 5割はノロ、今季は「G2.2」型

感染性胃腸炎の1医療機関あたり患者報告数

 下痢や嘔吐(おうと)を引き起こす感染性胃腸炎が、今季も流行している。国立感染症研究所によると、3~5割はノロウイルスが原因とみられ、今季は乳幼児が免疫を持つ可能性の低い、数年前にはやった型のノロウイルスの検出が多数報告されており、注意が必要だ。

 感染性胃腸炎は例年、冬に流行する。感染研が定点観測している全国約3000の小児科からの患者報告数は、今月4日までの1週間で5万4876人で、過去10年間の同時期と比べて多い。1医療機関あたりでは17.37人。都道府県別では宮城(45.75人)、山形(33.47人)、三重(27.71人)、埼玉(26.73人)、東京(26.64人)などが多い。

 ノロウイルスは遺伝子型が約30種類あるが、中でも今季は「G2.2」という種類が小児を中心に検出され…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  5. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです