東京五輪

聖火リレーとマスコット選考へ 検討組織設置

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、理事会を開き、外部有識者を交えて聖火リレーと大会マスコットを選ぶための検討組織を設けることを報告した。

 聖火リレーは、アスリートや全国知事会などで「聖火リレー検討委員会」を作る。17年8月までに国際オリンピック委員会(IOC)、18年2月までに国際パラリンピ…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

あわせて読みたい

ニュース特集