メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民

審査の専門機関を ダーク・ヘベカーUNHCR駐日代表

 中東地域の混乱などで難民流出が続き、米国や欧州の一部で難民・移民排斥の世論も過熱する一方、日本の難民政策も問われている。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のダーク・ヘベカー駐日代表(54)は毎日新聞のインタビューに応じ、日本が過去にインドシナ難民を受け入れた実績などをふまえ「日本にもできることがある」として、日本の一層の取り組みを求めた。【聞き手・山縣章子】

 UNHCRによると、2015年の難民や国内避難民らは過去最多の6530万人。へベカー氏は「相手を敬…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです