純米吟醸酒

「縄文海進」販売 やや辛口でさっぱり 富士見 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
富士見市で販売されている純米吟醸酒「縄文海進」=富士見市役所で
富士見市で販売されている純米吟醸酒「縄文海進」=富士見市役所で

 富士見市商工会は同市の農家が生産した新米「彩のきずな」を使用した純米吟醸酒「縄文海進(かいしん)」を、市内20の市酒販組合加盟店で販売している。数量限定(約2000本)で、「やや辛口で、さっぱりした味わい」という。

 縄文時代初期は温暖化によって海面が上昇し、海水が現在の県内にも及んでいたといわれ、…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

あわせて読みたい

注目の特集