メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸港

今昔、空から比較 市役所展望台に鳥瞰図と眺望板 開港150年記念、青山さん描く /兵庫

神戸市役所1号館24階展望台に完成した鳥瞰図を見る鳥瞰絵図師の青山大介さん(左)と神戸大名誉教授の神木哲男さん=栗田亨撮影

 2017年の神戸港開港150年を記念して、市在住の鳥瞰(ちょうかん)絵図師、青山大介さん(40)が描いた150年前と現在の神戸を比較できる鳥瞰図(幅3・2メートル、高さ2メートル)と眺望板(幅175センチ、高さ55センチ)が14日、神戸市中央区の神戸市役所1号館24階の展望台にお目見えした。【栗田亨】

 神戸港は幕末の1868年1月1日に開港。展望台南側窓の手前に設置された眺望板には、開港日の神戸港周…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文537文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです