メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸港

今昔、空から比較 市役所展望台に鳥瞰図と眺望板 開港150年記念、青山さん描く /兵庫

神戸市役所1号館24階展望台に完成した鳥瞰図を見る鳥瞰絵図師の青山大介さん(左)と神戸大名誉教授の神木哲男さん=栗田亨撮影

 2017年の神戸港開港150年を記念して、市在住の鳥瞰(ちょうかん)絵図師、青山大介さん(40)が描いた150年前と現在の神戸を比較できる鳥瞰図(幅3・2メートル、高さ2メートル)と眺望板(幅175センチ、高さ55センチ)が14日、神戸市中央区の神戸市役所1号館24階の展望台にお目見えした。【栗田亨】

 神戸港は幕末の1868年1月1日に開港。展望台南側窓の手前に設置された眺望板には、開港日の神戸港周…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです