メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

名古屋・東山動物園10キロ圏調査 環境省、広がり確認へ

名古屋城の堀で野鳥を調べる調査チーム=名古屋市北区で14日午後3時13分、木葉健二撮影

 名古屋市千種区の東山動植物園は14日、新たに絶滅危惧種のシジュウカラガン1羽が死に、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。確定検査を進める。同園では7羽で高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)の感染が判明、死んだ鳥は殺処分された2羽を含め11羽となった。シジュウカラガンが死んだのは3羽目。古代池で飼育され、5日から動物病院で隔離された。

 また、3日に死んだコシジロヤマドリは確定検査で陰性だったことも明らかにした。コシジロヤマドリは感染…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文515文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです