メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

豊橋動植物公園で消石灰散布 感染防御のため

 名古屋市千種区の東山動植物園で飼育していたコクチョウなどが高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)に感染していた問題を受けて、愛知県豊橋市は15日、豊橋総合動植物公園内の「大沢池」で殺菌用の消石灰(1袋20キロ入り)計20袋分を散布した。

 池は約6000平方メートルあるが、同日までに排水をほ…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです