メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井伊直虎

男だったかも 京都の美術館で新史料発見

「井伊次郎」という名前が書かれた「雑秘説写記」=篠田直哉撮影

 来年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(主演・柴咲コウさん)の主人公で、遠江(とおとうみ)(静岡県西部)の女性領主だったと伝わる井伊直虎について、井伊美術館(京都市東山区)は14日、所蔵する古文書から男性だった可能性を示す史料を発見したと発表した。直虎を巡っては文献が乏しいため謎も多く、専門家や歴史ファンらの論争を呼びそうだ。

 通説では、直虎は戦国時代、遠江の井伊谷(いいのや)領主を務めていた井伊家の一人娘として誕生。出家し…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです