メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SMAP「解散」研究

大沢樹生さん「日本の芸能史上、これまでいなかった存在」

 あの華麗なローラースケートさばきを覚えておられるだろうか--。連載インタビュー「SMAP『解散』研究」の第4回は、1980年代後半から90年代前半にかけて絶大な人気を誇ったジャニーズ事務所のアイドルグループ「光GENJI」元メンバーで、現在は俳優・映画監督として活動する大沢樹生さん。事務所の後輩であったSMAPについて、大沢さんは「解散の内情は分からないし、彼らも周りに言われたくないことがあるはず」と言葉を選びながら「日本の芸能史上、これまでいなかった存在」と見る。自身も、88年にシングル売り上げ上位3曲を独占するなどトップアイドルとして脚光を浴びた。しかし、アイドルからのイメージ脱皮に苦しみ「のたうちまわった」という。芸能界の光と影、天国と地獄を知る大沢さんに「偶像」として生きる意味を、グループを脱退して己の力で生きることの覚悟を聞いた。【大村健一/デジタル報道センター】

 --ジャニーズ事務所時代の後輩にあたるSMAPが2016年12月末に解散します。前身の「スケートボーイズ」で光GENJIのバックダンサーも務めたメンバーもいました。解散はどのように感じましたか。

 私なんかが、彼らに対して言えることは何もないです。ジャニーズ事務所を離れ、個人的につながりが深かったわけでもないから、詳しい内情は知りません。自分が後輩について中途半端に話すことは、とても失礼なことだと思います。

この記事は有料記事です。

残り5978文字(全文6576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 講談社の「本」休刊へ 理由の詳細説明は最終・12月号で 76年創刊

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです