メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プログラミング教育って?

■連載「プログラミングって」1の1(2017年1月号より)

イラスト・斉藤恵

[PR]

★コンピューターを使ったプログラミング教育が学校でスタートする予定です。

そもそもプログラミングってなに? そんな知識がホントに必要なの?

そんな疑問をはらすのがこのコーナーです。IT企業のサイボウズのプログラマー、プロさんが教えてくれる連載「プログラミングって?」を中心に、お届けします。

▽▽運動会のプログラムとどう違う?

 みんながよく耳にする言葉に運動会のプログラムがあるね。運動会のプログラムには開会式、体操、玉入れなど演目の順番が書かれている。コンピューターのプログラムにも、順番が書かれている。

 でも、それだけではない。「こういう条件の時にはこうしろ」という指示がたくさん書かれている。レトルト食品の箱を思い出してみよう。「鍋で温めるなら2分」「電子レンジならば袋から開けて4分」など実に細かく分けて書かれている。その指示書がプログラム、指示書を作ることがプログラミングなのだ。

▽▽コンピューターは命令されて動く

 コンピューターがどう働くのか、その中にこびとがいると想像してみよう。仕事の指示を受けたこびとは、たくさんの指示書がある本棚から、仕事に合った指示書を取り出す。指示書には、「まず……、次に……、こうならば……」などと細かく指示が書かれているため、的確に動き、最後まで仕事を成し遂げられる。

 何をすればいいか命令を出さないと、コンピューターは動けない。こびとたちを上手に働かせること、それがプログラミングなのだ。

 こびとに指示するための専用の言葉は、あとの回で説明するね。

イラスト・斉藤恵 文・(C)サイボウズ/毎日新聞社 2017

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです