メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ジーコ氏が古巣・鹿島にエール「クラブ世界一のタイトルを獲得できる」

情報提供:サッカーキング

古巣・鹿島についてコメントしたジーコ氏 [写真]=Getty Images
 FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016準決勝が14日に行われ、開催国代表の鹿島アントラーズが南米サッカー連盟代表のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)を3-0で下し、日本勢初の決勝進出を果たした。この結果について、クラブOBで元日本代表監督のジーコ氏のコメントを、ブラジルメディア『テーハ』が14日に伝えている。

 得点を決めた3選手について、ジーコ氏は「PKを決めた土居聖真は2007年、ヒールで追加点を挙げた遠藤康は2003年、3点目の鈴木優磨は2011年に、日伯友好カップに参加した選手たちだ」と、コメント。日伯友好カップとは、ジーコ氏が主催するU-15の大会で、毎年8月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロ州にあるジーコサッカーセンターで開催されている。毎年、日本からはJリーグ選抜や鹿島アントラーズなどが参加しており、自身が発案した大会への出場経験を持つ選手たちが、国際舞台で得点を決めたことを喜んでいる。

 また、「鹿島のチーム状態は非常に良好だ。クラブ世界一のタイトルを獲得できる」と、古巣にエールを送っている。

【関連記事】
●決勝へ導く好セーブ連発でMOM選出の曽ヶ端「何より勝てたことが嬉しい」
●“歴史的PK”獲得の西、南米王者撃破の要因は「運と気持ちと…ロマン(笑)」
●C・ロナの前で再びパフォ披露へ!鹿島FW鈴木「相手がレアルじゃなきゃ困る」
●初の決勝進出を近づけた歴史的PK弾…鹿島MF土居「自信を持って蹴った」
●鹿島が“歴史的ゴール”! FIFA主催大会で初、ビデオ判定によりPKを獲得

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです