メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「賭事(かけごと)への情熱は…

[PR]

 「賭事(かけごと)への情熱は休みなく何年もの間、ほとんど40年間もわたしを虜(とりこ)にした。しかしなんら益もなく、どれだけ家庭に迷惑をかけたことか。骰子(さいころ)遊びのため長い間わたしの生活は窮々としていた」▲自伝にこう記したのは、ルネサンス期のイタリアの医師、数学者、哲学者だったカルダーノである。腸チフスを発見し、3次方程式の解法を発表し、自在継ぎ手を考案するなど万能の天才を示した彼だが、その回想の通りならばギャンブル依存症といっていいだろう▲「さいころ遊びの書」とは、その天才にしてギャンブル依存症の彼がさいころの目の出方を研究して著した確率論の先駆的業績という。だが数学史の偉業も賭けの勝ちはもたらせず、天才は結論を下す。「ギャンブルの最大の利益はそれをやらないことで得られる」▲だというのにあれよあれよという間に成立したカジノ法だった。536万人とはこの国で病的ギャンブラー(依存症)と推定される人の数である。成人全体に占める割合の高さは諸外国に数倍する。だがその対策はこれから具体案を作る政府に丸投げされてしまった▲対策が軽視されるのは、ギャンブルは自己責任との考えが根強いからに違いない。依存症が意志や性格の問題ではなく、心の病気だとわが立法府は本当に理解していたのか。社会の健全を守る方策についての国民的な議論はむしろこれから始めねばならないのだろう▲「わたしは勝負事が好きだったのではなく、引きずり込まれたのだ」と賭博にのめり込んだ心境を語ったのもカルダーノだ。万能の天才も引きずり込む魔をこれ以上社会に巣くわせてはなるまい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

    2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

    3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

    4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

    5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです