メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法

成立 制度設計本格化 実施法案、検討チーム倍増 政府

 カジノ解禁に向けた「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)の成立を受け、政府は年明けにも内閣官房の「検討チーム」の人員を倍以上に拡充し、カジノの具体的な制度設計を盛り込む実施法案の策定を本格化させる。【加藤明子、小山由宇】

 実施法案の内容は多岐にわたるため、20人弱の現在の態勢では作業が遅れると判断した。政府は来年秋にも法案を国会に提出したい考えだ。

 カジノ法は、実施法案を1年以内に策定するよう政府に求めている。菅義偉官房長官も15日の記者会見で「…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです